• 標準
  • 拡大

文字サイズ

それは、文化とロマン、そして人情あふれる製鉄の歴史。
古来から灯る魅力の炎は、この地で今なお、燃え続けている。

天下五剣の名刀「童子切安綱」を生んだ伯耆の国。
今から約200年前、現代にも通用する合理的経営を行い、日野の地を製鉄の一大産地にまで育て上げた近藤家。
日本中に「奥日野たたら」の名が知れ渡る。

時代の波にもまれ、製鉄の時代にも陰りが訪れる。
それでも近藤家は、たたらで働く人々を見捨てることなく、生活や就労の援助を行った。
その人情の灯火は、今もこの地で燃え続けている。

たたらの時代が去った今でも、日野町には、その面影が今なお色濃く残り、活気と笑顔がこだまする

「心にそっと温かな火を灯したい」
それが、日野町の想い。
思いがけない出会いや心温まる体験がここ、日野町であなたを待っているかもしれない。

たたらの動画

たたらの動画

たたらのバーチャルガイド

指定のポイントでスマホからARアプリを起動し、マーカーを読み込むことで、バーチャルガイドによるガイドが始まります。

詳細を見る

たたらの動画